台湾が原発廃止する?となるとアジア初ですね。

台湾は偉いな。原発を廃止するって言ってますね。

福島原発の事故を見てから、これは稼働させてはだめだと判断したようです。6年近くかかったけど、やっと停止することを決めたようです。

アジア初ですよ?原発に頼らない生き方を選んだようです。賢い選択ですよね。日本は何やってるんだか( ;∀;)

とっとと原発なんかやめればいいのに利権を持っている人たちが反対しているんでしょう。原発を動かさないとヤバいんでしょうね。そんなやばいの作るからこういうことになるんだよね・・・今からでも遅くはないのにね。

話は変わりますが、寒波が来ていますが外はものすごい冷えてます。息を吸ったら鼻の中がキンとなりました。凍りそうです。これが冬の寒さですよね~昔は家の前に子供たちがかまくらを作って中に入って遊んでいたんだけどね。いまどきの子供って雪だるまさえ作らないからね。

貧弱になったものだ。

 

結婚式のお呼ばれで無難なのは黒ワンピースかな。

結婚式の服装で私が気をつけていることは、白い服またはそれに近い色を着ないこと、スカート丈は上品に見える程度のものにすること、服が地味色ならバックや靴などである程度華やかさが出るようにすること、ストッキングは履くこと、ヒールのある靴にすること、肩がでたり胸元の見えるものは避けるか重ね着でカバーすることです。
それは二次会でも同じことです。
こんな黒のワンピース⇒http://xn--zcktc0dqa0c4553ao2a835n2h1f.net/ならいいけど、真っ白なワンピースとかひんしゅく買いますよ( ;∀;)

あくまでも主役は新婦と思っていたほうがいいですからね。

そんな私が32歳の時に行った結婚式・披露宴のことをお話します。
席についてみると、ほとんどの友達が主婦で子育て真っ最中のためか、体型カバーと着まわし抜群な黒ドレスばかり。
そういう私も黒ドレスでした。

しまった、めちゃくちゃかぶってる…と思いつつも今更着替えることもできず、友達みんなと新郎新婦で撮った写真は白2人を黒5人が囲む地味な写真になってしまいました。

友達同士で事前にドレスの色を話し合っておけばよかったと、友達に申し訳ない気持ちになりました。
この結婚式に来ていた新婦の妹が着ていたドレスがあり得なかったんです。

妹は既婚者で小学生の子供もいるのですが、袖がほとんどない、かなり上までスリットの入ったセクシーな真紅のドレスを1枚で着てきました。
ドレスに合わせてメイクをしているためか口紅もかなり赤くどぎつい化粧で、まるでお水の人に見えました。

その上、そのドレスは小学生の娘とお揃いなので、かなり2人で目立つのです。
友達の結婚式ならまだしも、姉妹の結婚式なら、もう少し上品な服装をして欲しかったと思いました。

「大人しい上品な新婦にあんな妹がいたなんて」と服装である程度偏見の目をもって見てしまう人もいたはずです。